« 背を向けて妥協の連続 | トップページ | 個人の宗教としての僧侶の役割 »

2013年5月 3日 (金)

まことのこころに沿っているのか?

 今回の安倍政権発足当初は高い支持率がありましたが、その後もどんどん支持率が上がっています。それはアベノミクスと言われている経済政策がそれなりに評価されているからのようです。また、失言等、そつの無い政権運営も支持率を高めているのでしょう。
 その支持率が高まるにつれて、安倍総理のいわゆるタカ派的本性があらわになってきました。しかしそれについても、大きなマイナス要因とはなっていないようにも思うのです。それは尖閣列島問題、竹島問題、さらには北朝鮮問題が、これまでにないほど荒れているということに起因するのではないでしょうか。これらの国々が主張することをそのまま黙ってみていることは政治の怠慢、もっと強腰で対峙しなければならない・・・といった空気が漂います。安倍政権はそんな空気を煽り、そんな空気を利用しようとしていることがみてとれます。
 政府や政党が、支持率拡大や政権の安定を期するために、このあたりまでのことをするのは理解できます。つまり、社会的状況や時代の流れのなかで、安倍政権の支持率が上がる条件が揃い、安倍政権はそれを巧みに利用しているというのが、現在の政治的状況でしょう。

 日本的政治風土のなかで、これまでならその流れを静観するだけのことでした。とくに、経済的状況を考えるなら、現時点では異論を唱えたところで、のれんに腕押しでしかありませんから。
 そんな状況の中、日本のありようを根底から崩すような危機的状況が生み出されつつあると、あえて言いたいのです。

 安倍政権の根底にあるのは、現憲法の破棄です。改正とか、見直しとか、議論する・・・という柔らかい言葉が使われていますが、目指すところは現憲法の理念を破棄しようとするものにほかありません。それは、自民党の憲法改正草案のなかに明確に現れています。民主主義を根底から覆し、天皇を元首とした上意下達の社会をつくり、戦争のできる国にしようとするものです。時代錯誤もはなはだしいものです。
 本来、憲法は為政者が好き勝手なことをしないように、国民が為政者を縛るためのものです。ところが自民党の改正草案は「公益」「義務」という言葉がやたらと増えおり、国民を縛るものです。
 こういうことがあまり公にされてはいませんが、そういう背景をもったところで、憲法第96条、つまり憲法改正の発議を国会議員の3分の2から過半数に変更しようとしているのです。つまり、為政者の縛りを軽くし、国民を縛りを厳しくするための緩和措置でもあるのです。
 政治的見解の相違・・・というところだけの反対ではなく、自由に考え、自由にモノを言い、自由に仏法を語り合い信仰するということへの縛りにさえ及ぶのは明白です。
 どうして第二次世界大戦に突入することを阻止できなかったのか・・・というのは、為政者を縛るための手段が手薄だったということでしょう。そのため、教団やお寺、さらには僧侶も門信徒も戦争協力させられていったのです。

 もちろん、経済的状況はよくなってほしいと、誰もが願っているでしょう。しかし経済状況の改善に走るばかりに、また切り捨てや格差拡大が起こることは目に見えています。目先のことにとらわれてはなりません。まずは、仏さまが示してくださったまことのこころ、慈悲のこころをたずねることです。そのこころにかなうことか否か、それを問うことが、いま求められています。仏教徒は率先して、仏さまのまことのこころを聞かねばなりません。

|

« 背を向けて妥協の連続 | トップページ | 個人の宗教としての僧侶の役割 »

コメント

民主主義そのもののあり方から、教育、文化、経済など様々な問題を含んでいると思います。勤労世代の多くの国民は、日々の糧を得る仕事だけで疲れてしまって政治や宗教について考える余裕が無いのではないでしょうか。

投稿: collapsar | 2013年5月 3日 (金) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5065/57300340

この記事へのトラックバック一覧です: まことのこころに沿っているのか?:

« 背を向けて妥協の連続 | トップページ | 個人の宗教としての僧侶の役割 »