« わがはからいを越えるお念仏(上) | トップページ | 子どもたちといっしょに南無阿弥陀仏 »

2013年7月31日 (水)

わがはからいを越えるお念仏(下)

わがはからいを越えるお念仏(下)

 念仏の声を聞かない人が、念仏を称えるということはありません。しかし、歳を重ね、人生においてさまざまな経験を経るなかで、どこかで必ず念仏の縁に遇っているのです。自分では気づかずとも、すでに何度もその縁に遇ってきたに違いありません。阿弥陀さまの願いが、そして阿弥陀さまのはたらきが、私のところに届いているのに、そのことに気づかず、みすごして今日に至っているのでしょう。
 私たちはこれまで迷いに迷って今日に至っています。ほんとうのことが見えないし、阿弥陀さまの願いを疑い続けます。ということは、念仏の声を聞かないというより、もともと聞けないのがこのわが身なのです。その私が念仏を聞く耳をいただき、聞くべきようにし向けられ、念仏を称えることができるようになったのです。そこには私の力など微塵もありません。私のために仕上げられた阿弥陀さまの願いがさまざまのご縁となって積み重なり、阿弥陀さまによって私のもとに届けられた。その証しが、わが口から出る「南無阿弥陀仏」なのです。

 社会や家族のありようが大きく変わるなかで、仏法あるいは念仏の相続がこれまでと同じようになされるということはとても難しくなっています。仏法大事と思うなら、それに変わる相続の方法や仕組みを作りだしてゆかなければなりません。・・・とはいっても、そんなことが一朝一夕でできるはずはありません。
 念仏は、自分のいただいた念仏を称えることにより、その念仏の声が他の人々に伝わってゆく力を持っています。わが口から称名念仏することによって、その念仏のこころは相続されてゆくのです。それは私が称えることによって相続されるのではありません。念仏そのものがまことであり、阿弥陀さまのはたらきであるがゆえの力によるものです。
 そのことはわかっていても、人前で称名念仏することは勇気がいるし、恥ずかしい・・・という思いが湧いてきます。念仏を称える身とさせていただいても、やっぱりかわいいのはこのわが身ですから世間体が気になります。また、かつて私が感じた念仏への違和感や嫌悪感を、この念仏の声を聞いている人は感じているのではないか・・・などと思ったりするのです。
 仏法や念仏の相続の方法や仕組みを考える前に、まず自分自身がいただいたお念仏を「なんまんだぶつ、なんまんだぶつ、・・・」と口に称えさせていただきましょう。わが身にはたらいてくださっている阿弥陀さまの願いは、そのまま外に向かってはたらいてくださる阿弥陀さまのはたらきでもあるのです。私のはからいを越えて、お念仏は拡がってゆきます。
(完)

|

« わがはからいを越えるお念仏(上) | トップページ | 子どもたちといっしょに南無阿弥陀仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5065/57892285

この記事へのトラックバック一覧です: わがはからいを越えるお念仏(下):

« わがはからいを越えるお念仏(上) | トップページ | 子どもたちといっしょに南無阿弥陀仏 »