« 仏の子どものつどい法話「ありがとう」 | トップページ | 誕生日はめでたいか? »

2013年8月31日 (土)

かなり軽めのたとえ話

 私が憧れている女性がいます。どうしてその女性に憧れているのか、たいした根拠も無いのにその想いは日々募ってゆきます。できることなら結婚してほしいとさえ思うようになってきました。そこである日、「とっても好きです。おつきあいしていただけませんか」と告げました。ところが冷たく、その気は全くない旨の返事が返ってきました。でもへこたれません。きっといいことがある、必ず幸せになる・・・と思い込むのです。
 ある日、大して気にもしていなかった女性が目の前に現れ、「私はあなたのことをズーッと昔からお慕い申し上げておりました。いつもあなたのことを想っています。これからあなたの側に置いてくださいませ」と告げられました。まったく気にもしていなかった相手でしたので、何も心は動きません。それより、冷たくされてもまだあこがれの女性に未練があります。でも振られてどうすることもできず、泣く泣くその女性のことを忘れようするのです。でも大丈夫。時間が来れば、新しいあこがれの女性が現れます。それも一人だけではなく、次々に気になる女性が現れるのです。

 それでもなかなか思うようにはいかないので、私が憧れる女性はいつも高嶺の花でしかないのか・・・、なんて思うのです。そんななか、あるあこがれの女性とのおつきあいが始まります。一時はとっても幸せを感じるのですが、そのうちイヤになってきます。自分の思い通りにならないからです。
 そんなとき、心が動くことの無かった女性が、また現れるのです。「何をなさろうと、私はズーッとあなたのことを見守らせてもらうだけです。次々と悲しいことも苦しいことがあるようですが、私はどこまでもあなたといっしょに泣き、苦しむことしかできません。私はいつまでもあなたを待ちます」と言うのです。
 私は聞きました。私のことをズーッと待ち続けてくれたというけれど、いったいいつから待っていてくれてのか、と。その女性はおだやかに、「十劫の昔から待っていました」というのです。そんなこと言われても私にはわかりません。でも、どうやら私の思ってきたこと、してきたことを全部知っているようです。そしてまた、いま私が思っていること、していることも知っているようです。ちょっと格好悪いなぁ・・・と思います。

 さらに彼女は言います。「いつまでも待ちます。あなたがどのような女性に憧れようと、また悩み苦しもうと、私はあなたとともにいます。安心してくださって結構です。私はあなたが悩み苦しむことのないような居場所を準備していますから。いつでも、どこでもいいですから、私の名前を呼んでくだされば、お力になります」と。

 あなたはどちらの女性に心が動きますか?
 (女性が読まれる場合は、彼女→彼、女性→男性と読み替えてください。)

|

« 仏の子どものつどい法話「ありがとう」 | トップページ | 誕生日はめでたいか? »

コメント

真面目なお説教よりわかりやすく感じました。
最後は無条件で待っていて下さる有難さに惹かれるかもしれません。

投稿: collapsar | 2013年9月18日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5065/58101292

この記事へのトラックバック一覧です: かなり軽めのたとえ話:

« 仏の子どものつどい法話「ありがとう」 | トップページ | 誕生日はめでたいか? »