« 『私のものさし 仏のこころ』 | トップページ | ずいぶんご無沙汰しております »

2013年10月28日 (月)

どうして人を殺してはいけないのか?

 龍谷大学教授の浅田正博先生の著書『生かされて生きる~どうして人を殺してはいけないのですか~』探究社刊を読みました。
 その前に、拙著『私のものさし 仏のこころ』と発行日が同じ。総ページ数は拙著の半分ほどの67ページ。なのに価格が税別で350円。拙著の価格が1200円(税別)なのに比べるとベラボーに安い! 何故?・・・って聞いたところ、出版部数がメチャ多いのと、龍谷大学文学部仏教学科のOBの篤志家の寄付があり、それを同学科の社会還元事業の一環として出版されたものらしい。しかしこの本は、多くの人に読んでもらいたい本でもありますから、350円をケチらずに一読して欲しいです。

 さて、「どうして人を殺してはいけないのですか?」というテーマで、浅田ゼミの学生たちと議論したことが書かれています。
 すぐ浮かぶ答えは、法律で決まっているから、また仏教徒の視点からだと殺生を戒めているから、・・・などと答えるでしょう。ほんとにそれで説得力がありますか。人は殺してはいけないけれど、ブタや牛ならいいのですか? 蚊やハエなら殺すのが当然ですか?
 また、自殺(自死)は許されますか? 自殺は人を殺すのではなく、自分を殺すのです。自分の命をとやかく言われる筋合いはない・・・のでしょうか? あるいは堕胎はどうでしょうか? 未成年で結婚もしていない状態での妊娠や、強姦による妊娠も考えられるでしょう。学生たちの多くは、自殺を容認し、堕胎を容認したと言います。仏教学を学んでいる学生たちがです。
 他人事なら、話のネタのうちのひとつかもしれませんが、客観的な評論程度で話すことが許されない、私自身の問題として考えればどうでしょう。

 さらに浅田ゼミの議論は続きます。地獄の有無です。経典には人を殺したら地獄に堕ちるって書いてある。また極楽があるとも書かれているが・・・と問われます。しかしある学生は、極楽はあると思うが地獄は無いと答えたというのです。
 浅田先生は学生たちに問いかけます。君たちは1年2年で仏教を学んできたのに、どうして仏教学の見方をしないのか? 仏典にはどのように書いてあるのか・・・と。

 この先は、この本を読んでみてください。そしてみなさんも考えてみてください。私たちは一人の人間ではありますが、ただ人間として生きているだけでいいのでしょうか?
 仏教に教えられることがない限り、どこまでも好き勝手な思いで、傲慢にしか生きることができません。若いときは年長者に導かれて生きたとしても、ある程度以上の年齢に達すると、意見してくれる人がいなくなり、また意見されても聞けなくなってしまいます。
 私は人間として正しく生きてゆく道は、仏法を聞くほかはないと思います。聞いても好き勝手にしか生きられない私ではありますが、唯一のブレーキは仏法ではないでしょうか。そこにどれだけ深く帰依できるのか、仏教徒として、あるいは念仏者として問われていることでもあると思います。

|

« 『私のものさし 仏のこころ』 | トップページ | ずいぶんご無沙汰しております »

コメント

それでも「自殺は罪だ」ということは無意味だと私は思います。
まず、凡夫の立場と仏法の立場は対立するものではありません。なぜかと言えば、仏法は、凡夫の苦しみを知り尽くされた如来が慈悲の教えとして説かれたものだからです。
そして、無意味だというのは、自殺しようとしている人の立場から考えようとしているからです。本当に追い詰められて生きる希望が無くなってしまった人に対して、自殺は罪だからしてはならないと言っても、その人はさらに追い詰められるだけで、自殺を思いとどまることはできないのではないでしょうか?
自殺が罪であることを理論的に証明することには何の価値もありません。苦しんでいる人に希望を与えられれば価値があります。
そしてまた、凡夫の立場と対立するのは仏法の立場ではなくて、聖者の立場であるはずですが、聖者の立場から仏法を語るには、まず悟りを開いてからでなければなりません。
慈悲の教えである仏法の立場から見て、「自殺は罪である」と主張することは無意味なだけでなく悪であると私は思います。
仏法の立場から言うならば、自殺は自分が損をするからやめた方がいい、と言うべきだと思います。
自殺するエネルギーがあるならばそれを生きることに使えるように、希望を与えることが仏法の立場であるはずです。

投稿: collapsar | 2013年12月15日 (日) 23時23分

自殺もその人の運命なのでは無いでしょうか?試してみても死にきれない人もいるし死ぬ人もいる。人生に絶望したらそんな気持ちがふと頭をよぎって実行する人も多いです。それがどう転がるかそれはその人の運命の様に思います。無意味と言われても、そこまで追いつめられる人もいると思います。悲しい事ですが・・・。

投稿: 濱 智恵子 | 2013年12月10日 (火) 09時29分

命を奪うこと(殺生)は悪であり、罪です。
自らの命を奪っているのですから、自殺は仏教では罪です。
「苦しみ抜いてやむを得ない選択として自殺をする」ということそのものが、迷いの凡夫の姿です。無意味か否かというのは、どの立場からおっしゃっておられるのでしょうか? わが思い、凡夫の立場から見て「無意味」とおっしゃるなら、それは仏法ではありません。
淺田先生は、仏法という視点から、学生たちに自殺(自死)を考えてもらおうと始められたのです。
仏法や信心と無関係な方たちとの話なら、罪云々・・・という議論は無意味でしょう。

ただ、自死問題と取り組んでおられる方たちは、自死なさった家族の方々に「自死は罪だ」とはおっしゃることは、そういう縁が整うまでは口にはなさらないと思います。

現実を生きることと、仏法の中に生きることには大きな乖離がありますね。そこを埋めることはとても難しいことでもあります。でも、どう考えても自殺は罪でしょうね。

投稿: gsaiko | 2013年11月25日 (月) 15時27分

学生が自殺を容認したことを問題視しておられるようですが、自殺を罪とするのはキリスト教の影響ではないかと思います。自殺してしまった人を罪びとのように言うのは慈悲のないやり方ではないでしょうか。
苦しみ抜いてやむを得ない選択として自殺するのですから、いくら罪だと言い立てても無意味でしょう。

投稿: collapsar | 2013年11月25日 (月) 01時54分

ほんの値段を比べる所がおもしろい! 著作者にしかない思考がありますね?
両方の本読んで見ます。

投稿: じいぼう | 2013年10月30日 (水) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5065/58470765

この記事へのトラックバック一覧です: どうして人を殺してはいけないのか?:

« 『私のものさし 仏のこころ』 | トップページ | ずいぶんご無沙汰しております »