« ずいぶんご無沙汰しております | トップページ | 四国の殺人事件犯人逮捕に思うこと »

2015年5月30日 (土)

第25期ビハーラ活動者養成研修へ

 本願寺派は昭和60年頃からビハーラ活動に取り組み始めました。その一つにビハーラを実践する人たちを要請することにも務めました。その一つがビハーラ活動者養成研修です。当初は、仏教でそのような活動を行っている人は少なく、キリスト教のホスピス活動を先例とし、その活動に携わっておられる方々が講師となられていたようです。
 それから回を重ね、今年度は第25期の研修です。これまで1200余名の方々がこの研修を受けられたと聞きました。また、この研修を受けられた人たちは、各教区のビハーラ活動の中心となって研鑽、活動されておられるようです。

 そんな研修に、今回、私も参加することにしました。2泊3日の研修が4回。そのほかに1日の実習が1回、1泊2日の実習が2回あります。実習場所として、京都府城陽市には、特別養護老人ホームの「ビハーラ本願寺」と緩和ケア施設の「あそかビハーラ病院」、さらには地域社会と根ざした福祉施設や病院などでも行うようになっています。

 人間の生・老・病・死のありようは、誰もが知っています。しかしそれは知識としてであり、このわが身の問題であると受け止めることはとても難しいように思います。とくに、老や病や死にあうことは不幸であり、そうなりたくない…と思うのが私たちの思いです。その思いを持つ続けているところに、老いが老がやってきて、あってはならないまさかの死がやってくるのです。若くて健康であれば、この世を懸命に生きることに力を注ぎ、ホッと一息ついたときにはのほほんとあたありまえのように生活しているのです。
 老や病や死を迎えるのに順番はありません。次の瞬間が私が引き受けなければならないことでもあるのです。いや、引き受けることができるのならいいですが、おそれおののく事態とならないという保証はどこにもありません。

 そんな思いを持ちながら、第25期ビハーラ活動者養成研修に参加することになりました。

|

« ずいぶんご無沙汰しております | トップページ | 四国の殺人事件犯人逮捕に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5065/61669927

この記事へのトラックバック一覧です: 第25期ビハーラ活動者養成研修へ:

« ずいぶんご無沙汰しております | トップページ | 四国の殺人事件犯人逮捕に思うこと »